会社に有利な給与制度

 


社員さんのやる気の動機づけ「人事賃金制度」

 経営者は、社員に労働の対価として給与を支払う訳ですが、より良い仕事をしてくれる社員にはより高い給与を支払いたいものです。社員は「会社のために頑張る」と言いますが、これは建前である事が多く、毎日出勤して与えられた業務をこなしさえすればお給料は貰えるわけです。

 経営者は世間並を考え「業績はいまひとつでも賞与を支給しないと」と中途半端な温情が見受けられます。銀行借入れをしてまで賞与を支給する経営者もいますが、正しい会社経営と言えるしょうか?

 現在のような厳しい経済環境下では、本気で頑張ってもらえる仕組み「人事賃金制度」を作りましょう。人事賃金制度は年功ではなく、能力や成果を元に給与を決める仕組で、社員さんのやる気の動機づけになります。

 人事賃金制度を導入するとなると、社員の評価方法などを明確にしておく必要があります。将来的に「人事賃金制度」を作る為に、会社経営に対する方針を明確にし、給与の支給根拠「賃金規程」を明確しておきましょう。

 

大矢社会保険労務士事務所では
人事賃金制度の導入、賃金規定の見直しも
サポート可能です。

▲ このページのトップに戻る

 


成果を基準にした給与形態「洗い替え方式」

 労働基準法で法定外労働には、時間外手当、休日手当の支給を定められています。しかし、実際には残業しなくても成果を上げる人もいれば、時間をかけても上がらない人もいます。一概に働いた時間の長さだけで、会社への貢献度を測ることができないのが現状です。

 時間で賃金を決めるのは「工場で流れ作業をする社員は、長時間働けばより多くの製品を作れる」という発想の名残ですが、現在は裁量労働制が法制化され、多様な労働に少しずつ対応しています。また、年功序列型賃金体系「積み上げ方式」から、仕事で上げた成果を賃金決定基準にする「洗い替え方式」へ変える会社もあります。

 洗い替え方式は、現在の給与をベースに、いくらアップするかという積み上げ方式でなく、現在の給与をご破算にして、成果に応じて新しい給与を決定する仕組みです。野球選手のように前年実績に応じて年俸更改が行われるのと同じです。

 賃金は毎年上げるのではなく、仕事の難易度・責任の度合い・会社に貢献した業績評価によって決めましょう。労働基準法の関係から「成果だけ」を追い求めることはできませんが、社員が「頑張る」そして「報いられる」会社経営が重要になってきています。

 

大矢社会保険労務士事務所では
給与の「洗い替え方式」への移行も
サポート可能です。

▲ このページのトップに戻る

 

 

給与計算の関連記事
サービスメニュー|給与計算の代行
サービスメニュー|格安な給与計算
給与計算の基礎知識
社会保険料の基礎知識
各種お手当の軽減方法
給与業務の効率化
給与計算代行Q&A

無料相談受付中|大矢社労士事務所・大矢行政書士事務所

大矢社会保険労務士・行政書士事務所について スタッフ紹介代表の経歴事務所の概要事務所の場所 事務所の瓦版メディア登場実績求人・採用事務所の活動日誌

業務案内|社会保険労務士業務 適切な労務管理の顧問|新潟就業規則の作成と見直し|新潟 給与計算代行|新潟格安な給与計算サービス|新潟 事業主の労災加入|新潟助成金の申請代行|新潟業務案内|行政書士業務 建設業の許可申請|新潟許認可の申請|新潟 会社設立の手続代行|新潟 業務案内|その他 研修会・セミナー|新潟職業講話|新潟